派遣社員から正社員へ目指す方法をあなたにこっそり伝授!

派遣から正社員化めざす

「派遣だと収入が不安定だから、正社員の方がいい。」

「裁量があり責任が持てる正社員の方がいい。」

「就職活動めんどくさいから正社員の方がいいよ。」

そんな声を派遣の現場で少なからず聞いてきました。

私は基本、派遣社員派ですので、あんまり正社員にこだわりはありません。

ただ、私の周りでは、派遣社員を選んだにも関わらず、その後、派遣社員から正社員を希望する人、多いんです。

あなたも正社員のほうがメリットがあると思う派ですか?

正社員と派遣社員、転職ではどっち?正社員と派遣社員、転職するならどっち?【実体験】から熱く語ります

国のデータによると、非正規雇用(派遣社員を含む)の4割が正規雇用(正社員)を希望しているようです。

やっぱり、みなさん、派遣社員よりも正社員の方を選びたいのですね・・・。

というわけで、当初は派遣社員だったけど、その後やっぱり、正社員がいいなーと思う人に向けて、正社員化の希望を叶えるための方法を、私の周りのケースを含めて、以下、まとめてみましたよ。

そもそも派遣社員になると正社員へ転職は難しい?

派遣から正社員って難しい?

ネット上の記事の中には、

「前職が派遣社員だと正社員で採用される可能性は低くなる」

といったような記事がたまに見られます。

これ、本当なんでしょうか?

古い体質の会社であれば、こういった派遣社員を見下す会社もあり、また、希望する職種がごく一部の専門職であり、求人が殺到するような職種であれば、こんなケースもあるのかなと思います。

ただ昨今、どの会社も人手不足で求人に苦しんでいる状況を考えると、こういう会社って一部であり、多くの会社に当てはまるようには思えないのです。

個人的な感覚なんですが、「前職が派遣社員だと正社員として採用される可能性が低くなる」って、かなり昔のことをじゃないかと思うのです。

少なくとも、私の周囲では、前職が派遣社員だったから、正社員になれなかったいう元派遣社員は見られません。

もちろん、これは、希望した会社へ必ず正社員で転職できたという意味ではないですよ。どの会社にも独自の採用基準がありますので、その基準に満たなければ、正社員にはなれませんから。

あくまで前職が派遣社員で、それでそのあと正社員になった・・・という意味です。

私の周りの20代や30代の元派遣社員、未経験職種の正社員に、普通に転職しています。

この世の中、数多の会社があり、その多くが派遣社員を雇って事業を営んでいます。

昔と違い、どこもかしこも派遣社員。派遣社員がいないと、現場は回りません。派遣社員に大きい責任は任せられないからと、下に見下している時点で、アウトな会社かと私は思います。

っていうか、派遣社員って、身分なのかよ!って話ですよ。このご時世にね。

後述しますが、一度、派遣という雇用形態を経験しても、正社員という雇用形態が選べなくなることはまずないと私は思います。

派遣社員として働きながら正社員を目指す方法

正社員化めざす方法

以下、派遣社員から正社員へなるための方法をあげていきます。

紹介予定派遣で正社員になる方法

派遣会社と契約を結んだあと、派遣社員として派遣先企業で数ヶ月〜最長6カ月働いたのちに、合意を持って、派遣先企業の正社員雇用に切り替わるものです。

一定期間働くことで、会社側は派遣社員の能力を見極められ、また、派遣社員は会社の労働環境・条件を見極められるといった利点があります。

派遣を一度でもやったことのある人なら、言葉くらいは聞いたことがあるかと思います。ただ、残念ながら、紹介予定派遣を使っても、必ずしも正社員になれないところが難点だと思われます。

以前、派遣会社の担当者に、「紹介予定派遣、私に合いそうな企業、ありますか?」・・って聞いたことがありました。そしたら・・・

「紹介予定派遣、派遣全体からすると数が少なく、正社員を希望する人もそれなりにいるので、結構、難易度が高いですよ。」

と言われてしまいました。

当時私も、派遣社員よりもやっぱ正社員の方がいいんじゃねーのとちょびっと思ったことがありました。それで、ふと聞いてみたんですが、上記のような返答を聞いて、速攻断念しました(笑)

もちろん、特定分野に強く、キャリアに自信があり、あなたにふさわしい会社で紹介予定派遣があるようなら、ぜひ積極的に利用すべきかと思いますね。

求人サイトや転職エージェントを利用して正社員になる方法

これが一番確実な方法ですね。おそらく、これがもっともポピュラー方法かと思います。

正社員になるのなら、とっとと、求人サイトなどを使って、正社員を募集している会社に行けば良いのかと。

求人サイトはたくさんあり、また、昔と違って、転職エージェントサービスもあります。正社員希望なら、いろんなところに、どんどん登録して、アタックした方がいいですよ。

派遣社員は、正社員と違い、時間的に大きく拘束されることは少ないです。転職活動がしやすい環境ですね。

もし、派遣社員の仕事がきつくて、転職活動する時間がないのなら、契約満了後に、失業保険をもらいながら数ヶ月活動すれば、転職はさほど難しくはないかと思います。

どうしてもダメだったら、また派遣社員に戻り、そしてまた挑戦といった感じですね。

私の周りでも、求人サイトで正社員の仕事を見つけたけど、ヤバイ系の会社だったと入社当日にわかり、1ヶ月で退職し、また派遣に戻ってきたという人もいます。

こんな感じで気楽に正社員のための転職活動したらいいんですよ。

友人の紹介から正社員になる方法

派遣社員のいいところは、いろんな人と交流がもてるところです。

前職の派遣で一緒だった人と、プライベートでも交流を続け、派遣契約満了時に、その前職の友人のツテで、正社員の仕事を紹介してもらい、派遣社員から正社員の仕事に転職した人もいます。私の周りでいましたよ。

この方法の良いところは、転職活動で融通が利きやすい点です。

仕事ぶりが前職の友人を通じて、希望会社に伝わりますので、一般的な正社員入社までのハードルが高くないことが最大のメリットです。

一方、仕事の内容や職種が自分の希望と必ずしも限らないところがデメリットです。

派遣先企業で正社員の話をもちかけれる方法

派遣先企業が、派遣社員の仕事ぶりを評価し、その人に正社員の話を持ちかけ、正社員になる方法です。

紹介予定派遣と同じように見えますが、派遣先企業の自由意思で、正社員の話を持ちかける点が大きく異なります。直接雇用の話が制度として保証されているわけではないということです。

この方法は、派遣社員が正社員化を希望しても、派遣先企業が正社員登用を全く考えておらず、NOと言えば、それで終わってしまうところが難点です。

そもそも派遣先企業は、正社員のコストを抑えるために、派遣会社を利用していますから、わざわざコスト増となる正社員雇用には非積極的かと思われます。

なので、現実に考えると、この方法は、あまり得策ではありません。

ただ、この方法、実際に全くないかといえば、実は結構あったりするんですよね。

ネットとかでよく見かけますし、大手企業でもこうした内々での話ってよくあります。

もちろん、すべての企業でやっているわけではないので、そういう企業に巡り会うためには、運に大きく左右されますけどね!

契約社員から正社員を目指す方法

契約社員から正社員めざす

これまで派遣社員から正社員を目指す方法を述べてきましたが、実は、これに近いかたちで、正社員化を図る方法があります。

それが、上記見出しの『契約社員から正社員を目指す方法』です。

ここでの契約社員とは、派遣会社で契約する契約社員ではなく、企業と直接契約する意味での契約社員です。

基本的に、この契約社員、求人サイトなどを通じて求人企業を探す点で、正社員を目指す方法と全く変わりません。変わるのは、正社員ではなく、契約社員として雇用されるところです。

これをあえて書いた理由は、実は、この方法によって契約社員から正社員登用している企業があるからです。

求人サイトの募集要項には、正社員登用制度を書いていない企業もあります。入社後であっても、場合によったら、正社員の話すらされることもないでしょう。

だけれども、一定のレベルに達した契約社員には、正社員の話を持ちかけている企業も実は水面下ではあるのです。

あまり一般的ではありませんが、こういう会社もあります。

もちろん、難点はありますよ。絶対、正社員になれるとは限らない点です。

一定のレベルに達していないと会社が判断すれば、正社員の話すら、もちかけられませんね。

なお、この方法には一旦契約社員になるというリスクが伴いますが、現実に40代後半の人でも正社員になっている人がいることを踏まえると、必ずしも非現実的な方法ではないと思われます。

もし正社員になれなかった時の対処

契約社員として入社したものの、将来、正社員になれない状況を含め、同じ業界・同業種の別の企業が正社員登用制度を設けていないか、事前にチェックしておくと良いと思います。

仮に正社員になれなかった場合、転職を余儀なくされます。

その場合、同業界・同業種であれば、正社員登用制度がある別の企業に応募した場合、前職での経験が評価されます。

その企業にもし契約社員として入社できた場合、経験次第では、正社員登用制度を利用することもできるでしょう。そうすると、正社員で採用される確率が高まります。

保証はできませんが、正社員にどうしてもなりたいというのであれば、こうした方法も考えられます。

いずれにせよ、かなり時間がかかってしまうのが難点ですね・・・・。

正社員になるために心がけたいポイント

正社員化の心がけポイント

以下、正社員になるにあたり、派遣先企業や契約企業が、どのように評価しているのか、まとめました。

スキルをもっている・実績が豊富

企業が、正社員採用で、その道の経験者を求める場合、スキルや実績は、ある意味当たり前になります。

前提となるそのスキル・実績がないと、仕事が進みませんから。正社員にプロフェッショナルを求めるわけですね。

なお、企業によって、求めるスキルや実績は異なります。どんなスキルや実績を求めるかは、個別の状況に応じて要チェックです。

例えば、求人サイトで正社員を探す場合、求人募集要項の中に、企業がどんなスキルを求めているのか、チェックが必要です。

また、派遣先企業で正社員登用を狙う場合、現場責任者に

「私って、全然スキル足りませんよね?」

と聞いてチェックです。もし返答が微妙なら、別の企業を検討したほうがいいかもしれません・・・(笑)

なお、企業によっては、スキルや実績を必ずしも要求しないところがあります。つまり、未経験でもOKという会社です。

その場合は、次の項の「人間性が良い」がとても重要になります。

人間性が良い

実は、派遣先企業が意外にも重視しているのが、この「人間性」の部分です。

この項目を採用基準として最優先に考えている企業は多いです。

これが欠けているため、正社員のみならず、派遣社員・契約社員の選考で落ちているケースもあります。

じゃあ、この「人間性が良い」って何か?と言いますと、次のようなものが挙げられます。

  • 謙虚である
  • 柔軟性がある
  • マジメ
  • 責任感がある
  • 向上心がある
  • 休まない・遅刻しない
  • 早く覚えようとメモを取る
  • 指示された通りの行動ができる
  • 協調性がある
  • ・・・etc
社会人として求められる、当たり前のことばかりですね。日頃の仕事で、自分自身がきちんとできているかどうか、ぜひ振り返ってみてくださいね。

まとめ

企業が、働く人に高度な知識や豊富な経験を望むのはいうまでもありません。しかし、だからと言って、職場の人間関係を無視し、協調性がない人は、やはり受け入れ難いのが現状です。

これは正社員・派遣社員・契約社員に関わらずです。

周囲の社員の方とのコミュニケーションをきちんととり、良好な人間関係を築くことを最優先に仕事をしていくと、正社員化への道がググッと近くなりますよ。

派遣社員から正社員化を目指す方法のまとめ

派遣社員から正社員へのまとめ

さて、いかがでしたでしょか?

もしかすると、「そんな方法知ってたよ!」っていう人もいるかもしれません。

でも、大事なのは、その方法を実際やってみたことです。

正社員になるための心がけ、振り返ってキチンとできてますか?

サイトにもう登録済みですか?

求人サイトだって、実際に登録してみなきゃ、求人企業の運だって引き寄せられません。

日頃、迅速に行動する積み重ねが、派遣先企業責任者の目に留まり、思わぬ正社員の話に繋がることだって、実際あるんですからね。

ぜひ、あなたなりの行動を持って、希望の正社員化にこぎつけてください!