【おすすめ】20代30代で転職するならリクナビNEXT「実体験から語る」

【おすすめ】20代30代で転職するならリクナビNEXT「実体験から語る」

こんにちは。40代・ジョブホッパーのてつです。

あなたは「リクナビNEXTの登録」もう済んでいますか?

まだのようなら、今は転職を考えていなくとも、登録だけもぜひおすすめします。

私は、20代・30代の時期に転職活動をして、リクナビNEXT(昔のYahoo!リクナビ)を利用して良かったなーと実感しています。

20代の転職活動では、リクナビNEXT経由の会社では内定がもらえませんでしたが、30代の転職活動では、職務経験を積んで、リクナビNEXTを使い「憧れの仕事」を扱う会社へ無事に転職ができました。

20代30代の転職で、リクナビNEXTを使うべきか悩むあなたに、私の実体験が参考となれば幸いです。

リクナビNEXTを使った転職活動

リクナビNEXTを使った転職活動

リクナビNEXTを使って転職活動をした時期は、おもに、20代後半と30代前半です。

【20代後半】リクナビNEXTでの転職活動は失敗

20代後半で、不動産業界に転職するため、リクナビNEXTを利用し、大手不動産会社をはじめとする数社に応募しましたが、書類や面接で落ちました。

おそらく、不採用の理由は、他業種(クレジットカード)からの転職や非正規(派遣社員やバイト)の経歴がひっかかったのではないかと思っています。

実は、不動産業で必要な宅建を持っており、宅建があれば、転職は楽勝なんじゃないかと思っていたのですが、全然関係ありませんでした。

20代後半だと、完全な未経験で大手不動産会社への転職はやっぱり難しかったのかなと振り返って思います。(※現在はそこまで厳しくないと思います!

結局、リクナビNEXTでの転職活動は諦めて、地元(静岡)の求人雑誌で見つけた不動産会社に転職することになりました。

ちなみに、地元では、5社以上の会社(ブラック会社を含む)を経験することになりましたね(笑)

【30代前半】「憧れの仕事」を扱う会社に転職が実現!

30代前半で、転職活動を始めたのは、パワハラ上司の言動に耐えられなかったからです。就業条件も決してよくなかったので・・。

将来的のことを考えると、転職するしかありませんでした。年収は300万円を切っていましたし・・・。

すでに不動産の仕事でいろんな経験があり、当時は不動産業の中でも、「債務整理に特化した不動産の仕事」に憧れを感じていました。

パワハラ上司から解放されて、「憧れの仕事」に就くためには、大手の転職サイトが軸になると考えました。

再びリクナビNEXTを使って転職活動を始めました。リクナビNEXTを利用した転職活動期間は2ヶ月間です。

3社に応募し、うち2社が面接落ちでした。いずれも「憧れの仕事」とは関係のない不動産会社でしたので、落とされても、そんなには辛くはなかったです。

1社だけが、本命の「憧れの仕事」を扱う会社でした。

1次面接から2次(最終)面接まで3週間以上の期間が空いて、てっきり落ちたと思っていましたが、無事に転職することができました。

「憧れの仕事」の仕事ができる会社に就職できた時は、リクナビNEXTに心の底から感謝しました。

てつ

ありがとう!リクナビNEXTよ!

ちなみに、転職前後で変わった就業の条件はこんな感じです。

転職前の会社

  • 給料:20万円
  • 休み:月6日
  • 残業:5〜6時間

転職後の会社

  • 給料:33万円
  • 休み:週休2日制の土日
  • 残業:毎日2〜3時間

これだけ違うと、転職したほうがいいって、あなただって思いますよね?

会社の社長はワンマンでしたが、ヒラの私に絡んでくることはほとんどなく、直属の上司もガミガミ言ってこなかったので、良かったです。しかも、試用期間の3ヶ月間、新幹線通勤代(月額10万円)を出してくれたんですからね。

年収(500万円)は、そんなに高くなかったですが、仕事が楽しくて仕方なかったので、リクナビNEXTには感謝しかありません。

「憧れの仕事」に就けたが、2年後に会社都合で退職

憧れの仕事に就けたのもつかの間、会社の業績が悪化し、2年後に会社都合で退職することに・・・。

気に入っていた仕事だったので、辞める時はかなりショックでした。

転職グセのある私が、一度も辞めたいと思わなかったのですから、私にとって、ほんと良い会社でした。たぶん、会社の業績が悪化していなければ、今でも続けていたと思います。

ちなみに退職後は、三たび、リクナビNEXTを利用し始めましたが、残念ながら、この時には同じ仕事は見つけられませんでした。

最終的には、別の求人媒体で同じような仕事が見つかり、転職できたんですが、その会社、定番のブラックでした!

やっぱり、転職するならリクナビNEXTじゃないとダメです(笑)

応募は簡単に諦めないほうがいい

応募は簡単に諦めないほうがいい

選考で落とされる不安や恐怖

私が20代後半で、リクナビNEXTで転職活動した時、宅建の資格があっても、実務経験がなかったので、選考では、ことごとく落とされました。

そんな経験もあったため、30代前半では、リクナビNEXTを使うことには、一抹の不安があったんです。

てつ

応募しても落とされる気がする。

てつ

無職の期間もあるし無理だろう。

てつ

非正規(派遣)の経験があるから難しいかも。

でも、この不安をなんとか乗り越えて、「憧れの仕事」を扱う会社に転職ができたのでした。

自信がなくて、実は一度目は辞退

スムーズにいったのように見える転職ですが、実は・・・

転職する半年前に、リクルート発行の求人情報誌(※今は廃刊)を見て、「憧れの仕事」を扱う会社に応募してたんですよ。

そのときは、途中で辞退しちゃったんです。あまりにも自信がなさすぎて(笑)

てつ

すみません。書類を送ったんですが、応募を取り消させてください。

って、情けない声で会社に電話をかけて、途中で辞退しちゃったんです。

ただ、どうしても「憧れの仕事」が諦めきれなかったので、半年後にリクナビNEXT経由で、同じ会社に再び応募したら、予想に反して、すんなり通っちゃったわけなんです。

振り返ってみると、自分のことながら、バカだよなーなんて思っています。諦めていなければ、お金も増え、時間も無駄にしないですのですから(笑)

あなただって、そう思いますよね?

就きたい仕事があれば応募はすべき!

本記事を見ている人の中には、転職活動で痛い目に合い、恐怖がぬぐいきれず、挑戦する意欲も失ってしまった人もいると思います。

リクナビNEXTは大手の求人も多いですから、諦めたくもなる気持ちも当たり前です。

でも、選考には万が一ということもありえますから、諦めちゃダメですよ。むしろ、この人手不足のご時世なら、うまくいく可能性の方が高いはずですよ。

リクナビNEXTで「やりたいと思える仕事」が見つかったら、ぜひ諦めず挑戦してもらいたいと私は強く思います。

私のような苦い経験をしないためにも、簡単には諦めず、勇気をもって応募してくださいね。

てつ

あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・

登録作業は大変だけど事前の登録は大事!

登録作業は大変だけど事前の登録は大事!

リクナビNEXTの登録はちょっと面倒

リクナビNEXTの難点といえば、登録です。ほんと、時間がかかって面倒くさいです。

でもですね、事前の登録は大事ですからね!

私は20代後半に、リクナビNEXTに登録したんですが、落とされ続けた結果に、頭にきちゃったんで、リクナビNEXTの登録を削除しちゃったんです。

てつ

リクナビNEXT、おい、ふざけんなー

って。

まあ、リクナビNEXTは全然悪くないんですけどね・・・悪いのは、私の無謀な経歴のほうですから(笑)

慌てて登録する羽目に・・・

で、結局、30代前半で転職活動を始めた時は、良い求人が見つかってから、登録すればいいやなんて、思っていたんですよ。

ところがある日、ネットカフェで、何気なくリクナビNEXTを見ていたら、探していた「憧れの仕事」の求人が掲載されていたんですよ。しかも、締め切りは3日後!

慌てて登録し始めたんですが、転職回数がゆうに5社を超えていたので、異様に時間がかかりました(笑)

スマホがない時代で、自宅にパソコンもなく、ブラック会社の仕事が終わった午前1時ごろから、ネットカフェで登録作業しました。

眠くて仕方ない時間帯に、登録作業、ほんと辛かったです・・。

で、登録が終わって、応募ボタンを押して終わったと思ったら、数カ所、誤字脱字に気づき、頭の中が真っ白になりました。

てつ

ああ、これ、レジュメで落ちたな・・・こんなことなら、時間があるときに、登録しとおけばよかったなー

と、後悔まっしぐらです。

ま、でも、なんとかそんなレジュメでも転職はできましたので、結果オーライで、よかったですけどね(笑)

やっぱりですね、失敗しなくない会社に応募する時は、頭が冴え切った状態で、登録作業したほうがいいですよ。

なので、早めの事前登録をぜひおすすめします!

リクナビNEXTを【おすすめ】する理由

リクナビNEXTを【おすすめ】する理由

上記で書いたように、「憧れの仕事」に就くことができた私の実体験こそが、リクナビNEXTをおすすめできる理由です。

ただ、それ以外にもおすすめできる理由が2つあります。

求人数が多い

何と言っても、求人数が多いことがおすすめでできる理由です。なんだかんだ言って、信頼できる求人となれば、リクナビNEXTは一番ですね。

大手の求人も多いですし、知名度が低い会社もあれば、中小企業でもホワイト企業があったりもします。やっぱり、いろんな求人数からすれば、安心できる転職サイトです。

今でこそ、dodaやen転職、マイナビ転職などの転職サイトも扱っている求人数は多いです。

しかし、その昔の求人数は断然、リクナビNEXTでした。

もちろん、転職活動では並行して、複数の転職サイトに登録して、進めることが大事ですよ。

ただ、抑えるべき求人数が多い大手転職サイトとしては、リクナビNEXTは登録は必須と思われます。この点で、リクナビNEXTはやっぱりおすすめできるサイトだと思います。

知名度が高く、会社からの評判がいい

これは、私が転職した会社や転職活動での面接担当者から聞いた話なのですが、他の転職サイトと比較しても、リクナビNEXTの方が、求人希望者からの問い合わせが多かったという話を小耳に挟んだことがあります。

もちろん、これは昔の話なので、今もそうだとは言えません。

しかし、リクルートは知名度が大きいです。その知名度を無視して、登録を避けるわけにはやっぱりいかないです。

会社の人事担当者は、40代や50代が多いです。その人事担当者や会社経営者が、新卒なり中途なり、リクルートの媒体を経て、入社した経緯を考えると、リクルートの存在は、転職市場では無視できません。

人事担当者や会社経営者が、リクルートをよく知っているからこそ、その事実が無視できないのです。

人事担当者が安心して求人を出せる媒体が、リクルートならば、求人応募者側だって、無視することはできません。

そうなると、リクナビNEXTでの登録は、やはり転職活動では不可欠だと思います。

20代30代で転職するならリクナビNEXTのまとめ

20代30代で転職するならリクナビNEXTのまとめ

40代の私は、正社員よりも派遣社員のほうが素晴らしいことに気づいてしまったので、今後、リクナビNEXTを使って転職する可能性は少ないです。さすがのリクナビNEXTであっても、40代の正社員転職は、求人数が少なく難しいですからね。

しかし、私がもし20代30代に戻れるなら、きっとリクナビNEXTを利用して、再び転職活動をすると思います。

理由は昔よりも仕事の幅が広がっているように感じるからです。そういう意味では、今の20代や30代の人を羨ましく思います。

今でもたまに、リクナビNEXTを見るのですが、昔よりも良い求人が多いような感じがします。

だからこそ、あなたが20代30代で、もし正社員での転職を希望するのならば、ためらうことなく、リクナビNEXTで登録をし、転職活動することをおすすめします。

一人が心細かったら、エージェントに頼るのも手です。

他業種から未経験の職種へ転職を試みる人なんて、特にそう感じるんじゃないかと思います(過去の私のように!)

そんな方は、一度、転職しやすいサイトで、実務経験を積む方法がおすすめです。

”既卒・第二新卒・中退”のワケ有り就職のご相談なら

中小企業が多いですが、はたらいくの転職サイトも、そのうちの一つかと思います。(はたらいくの求人には、ホワイト企業も少なからずありますので、オススメです。)

はたらいく

希望する業界で実務経験を積むと、リクナビNEXTで高く感じる求人も次の転職では、ググッと身近になるはずです。

私も地元・静岡で不動産の仕事を経験したことで、リクナビNEXTで転職ができましたから。

それから、20代限定になってしまうのですが、非正規雇用を続けてきたり、ブランク期間が長かったりする人で、正社員への転職を希望する人は、転職しやすいサイトを使い、実務経験を積むことで、大手企業への転職が近くなると思われます。

経験や経歴を気にしなくてOK!若者正社員チャレンジ事業

私も20代のある時期に派遣で働いたり、無職の期間が結構あったりして、不安だった時期がありました。ですが、そんな経歴がある自分を受け入れてくれた会社で実務経験を経たことで、30代前半にリクナビNEXTで「憧れの仕事」に就くことができました。

一見すると、遠回りのように思われるかもしれませんが、こうしたやり方でキャリアをアップする方法もあるんですよ。

転職でキャリアアップする方法はたくさんありますので、ぜひ広い視野を持って、転職活動をすすめてもらえればと思います。

何はともあれ、まずはリクナビNEXTで応募するところからですね。

リクナビNEXTで転職活動後、もそ落とされ続けたら、上記のサイトを利用する方法を検討してもらえればと思います。

ぜひ気持ちをラクにして、楽しみながら、転職活動を進めてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。