40代で正社員の仕事が見つからないなら【派遣社員がおすすめ】

正社員の仕事が見つからないなら【派遣社員がお勧め】

こんにちは。ジョブホッパーのてつです。

40代になってから転職を決めたものの、なかなか正社員の仕事が見つからず、あなたは悩んでいませんか?

  • 正社員は安定している
  • 世間体が気になるから正社員がいい
  • 給料を考えたら正社員がいい
  • 同じ仕事を続けたいので正社員がいい
  • 正社員だと責任ある仕事ができる

こんな考えをもって、あなたは正社員の仕事を見つけようとしていませんか?

もちろん「やっぱ仕事するなら正社員でしょ!」という考え方、間違っているとは私は思いませんよ。

安定して同じ仕事を続けられるほうが、何度も転職活動しなくていいですし、心の安定に繋がりますからね。何より家族から、働くなら「正社員」にしなさいよ!と言われる人も多いとも思いますので。

ただ、昨今の世の中の動きを考えると、必ずしも正社員の仕事にこだわる必要ってないのでは?と、私は40代になって、つくづく思います。

むしろ、正社員にこだわらずに、派遣社員で働いた方がこのご時世、リスクヘッジができるとすら思っていますよ。

今回、正社員の仕事が見つからないと悩んでいるあなたに向け、40代では正社員よりも、派遣社員の方がお勧めできる理由を実体験を踏まえ、記事としてまとめました。

あなたの悩みが解消され、あなたの限られた人生を楽しくするきっかけとなれば幸いです。

40代で正社員をおすすめできない4つの理由

正社員をお勧めできない4つの理由

正社員の就職活動で疲れ切ってしまう

40代・50代でも、正社員の求人は、たくさんあります。

ただ、そういった求人は、多くの場合、ハイクラス向けの管理職求人や、SEやプログラマといったITエンジニアといった専門職の求人などです。多国籍企業で働いていた管理職だったり、専門職のエンジニアであったりすれば、正社員の転職はおそらく容易です。

しかしながら、多くの40代にとってみれば、上記のような求人は関係ないものばかりです。つまり、現在多く出回っている、40代向けの正社員求人は、ある一握りの人に向けた求人と言えるわけです。

もちろん、ハイクラス向けや専門職ではない求人もあります。でも、そうした求人は、残念ながら、案件数がかなり限られてくるはずです。運よく求人に巡り合っても、給与条件が厳しかったり、業務内容が超絶ハードだったりと、自分の希望と合わないこともかなり多いと思います。

そういう制約がある中で、自分が希望する正社員での転職を実現するのは至難の技です。エネルギーも時間も擦り減らしてしまうのは目に見えています。

不動産業を経験した40代の私が、もし今、正社員向けの転職サイト(転職エージェント)で転職活動したら、おそらく、フルコミッション制の求人が紹介されるはずです。フルコミッションだと、個人事業主と変わりません。これじゃ、正社員での転職に意味がありませんね。

つまり、限られた数の中で、正社員になろう転職活動で疲れ切ってしまうくらいなら、初めから正社員の仕事にこだわらない方がいいのです。

正社員へ転職した後も疲れ切ってしまう

正社員になれたとしても、入った会社がブラック会社であれば、労働環境の悪さに疲れ切ってしまいます

昨今、会社は人手不足などを理由に余裕がないことも多く、そのしわ寄せは、大抵、従業員である正社員に押し付けられます。

特に、末端の新入社員なんかは、真っ先に無理難題の仕事を押し付けられる対象ですね。上司や先輩から無理難題を言われたら、普通は断れません。しかも、入社したばかりの時期は、業務や人間関係にも慣れていない時期です。

正社員としてせっかく入社できても、仕事が楽しめずにつらい日々が続く毎日。はっきり言って、しばらくの間、給料をもらうためだけの生活になり下がってしまいます。

それでも、労働時間に見合う給料が出ていれば、まだマシな方でしょう。サービス残業を強いる会社もあり、アルバイトや派遣社員よりも、時給換算で見たら正社員でも給与が低いことなんて、結構多いのですからね。

ちなみに、ある統計では、サラリーマンの給料、どうやら時給換算すると派遣社員の時給と変わらなくなるみたいです。

サラリーマンの給料、時給換算するとなんと平均「1486円」→半数以上が「割に合わない」 | ビジネスマナー | 対人マナー | フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口
https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/12906

実際、私が正社員として入社した不動産会社も、サービス残業が当たり前でしたので、時給換算してみたら、アルバイトの方がよかったということもありました。

あなたが勤めていた会社だって、そういう会社って、ありませんでしたか?

さらに、上司や先輩から、パワハラやセクハラまがいのことを受けたとしても、中小企業の正社員だと、大手企業と異なり相談窓口なんてないので、抵抗しづらいでしょう。

せっかく正社員になれたとしても、「せっかく入社できた会社だ! 苦しいけど頑張って続けないダメだ!」と思い続け、無理がたたった結果、鬱病などの心の病気になってしまうこともありえます。

転職活動で難航して疲れ切って入ったと思ったら、入社後も難航し疲れ切ってしまうなんて、あなたは嫌じゃないですか?

若い頃とは異なり、体力や記憶力が落ち続けている40代・50代ともなれば、体に鞭打って必死で働き続けないといけないんです!

これなら初めから正社員にならない方がいいに決まっています。

サービス残業で貴重な時間が奪われる

正社員に長時間勤務を求めてくる会社は多いです。もちろん、長時間勤務の分だけ、残業時間分の給料がきちんと支払われれば、大きな問題はありません。労働時間の対価をもらっていますからね。

問題なのは残業してもお金にならない、サービス残業を暗に求めてくる会社です。

終業後、家に帰ってもやることがない人ならいいのですが、将来のための勉強や自分の娯楽に時間を当てたい人にとってみれば、サービス残業は苦痛・損失以外の何ものでもありません。

自分の貴重な人生の時間を、ただ働きで会社の利益貢献に捧げないといけないのですからね。

もし働いている会社に、明るい希望が見出せないなら、正社員は自分自身でリスク回避の選択を取らなければなりません。将来のリスクに対する回避を、つまり、キャリア構築は、資格取得なり副業なりの行動で、自分なりに対処していかなければならないのです。

会社の言うがまま、お金にならないサービス残業続けた結果、会社が倒産してしまったら、どうしようもなくなってしまいます。仕事を失うリスクを取ることになるのは、他ならぬ、あなた自身なのですからね。

私もかつて、サービス残業を当然とし、休日はなしという不動産会社で働いたことがありましたが、入社4日目で辞めましたが、後悔はまったくありませんでした。

すぐに辞めたことで貴重な時間が奪われずにすみましたから!そのおかげで、時間を失わずにすみ、勉強時間を確保できた結果、今の自分につながっています。

人の時間は限りある貴重なものです。過剰な労働になりかねない正社員の立場は、将来のための貴重な時間が奪われることにもなりかねませんので、やっぱりお勧めできません。

正社員の終身雇用も崩壊し万全ではない

最近のニュースで、トヨタ自動車の豊田社長はこんなコメントを述べています。

日本自動車工業会・豊田章男会長:
「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」
「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」

売り上げ30兆円の自動車会社トップが、「終身雇用を守るのは難しい」と言っているのです。

ちなみに先月(4月)にも経団連の会長が「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言していました。

終身雇用って、通常、正社員に当てはまるものですが、トヨタは営業利益を2兆円出していても、社長が「終身雇用は難しい」と言っているのですから、ハッキリ言って驚きですね。

豊田社長の言葉からわかることは、長く働く正社員は、昔ほど必要なくなったことです。40年前、定年が55歳だったことを考えると、ある意味、仕方のないことかと思います。

おそらく、この「終身雇用が難しい」という言葉の裏側は、

「正社員のおっさんたちは給料高いだけで仕事使えないし、一生なんてとてもじゃねけど、会社は養えねえよ」

という気持ちも読み取れるわけで、改めて、こうした厳しい現実を受け止めることが大切です。

利益を出し続けている自動車業界のトップが、ここまで言っていながら、40代・50代の人間が、正社員にこだわり続ければ、それは、逆行した行動とも取れます。言葉を真摯に受け止めて、ここは正社員以外の選択肢も冷静に考えた方が良さそうです。

なお、豊田社長はニュース動画の中で、以下のようなことも述べています。

中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」

この言葉からすると、中途の転職や派遣社員の活用は、肯定的に捉えられそうです。

豊田社長のコメントは、経団連の会長の発言を踏襲した上で、日本の産業界全般を言っているとも捉えられるので、トヨタ以外の派遣社員へのコメントとも取れそうです。

経済界のトップが終身雇用に否定的なコメントをしているので、今後、正社員の雇用はますます難しくなると思われます。逆に、派遣社員は今後増える可能性が高いです。

将来に向けて行動するなら、数が少なくなる正社員にこだわるよりも、数が増える可能性がある派遣社員の方がいいと思いますね。

派遣社員で将来へのリスクを回避

派遣社員で将来へのリスクを回避

前項で述べたように、日本経済全体の流れから見ると、これから将来、日本の正社員数はどんどん少なくなっていくと思われます。

ならば、この流れに身を任せ、派遣社員になって、将来に対する仕事のリスクヘッジをすることこそが、最善の選択肢とも取れるでしょう。

私が30代後半で、未経験から派遣社員に転じたのも、正社員のままだと難しい「将来に対する備え」が、派遣社員だとできると思ったたからです。そして、年数を経るにつて、その感覚はますます強く思うようになり、経済界トップの言葉をニュースで聞いて確信しました。

やっぱり、今をいう貴重な時間を楽しみつつ、未来への備えをするのならば、派遣社員に限るんですよね。派遣社員にはそういうメリットがあるんです。

派遣社員おすすめ13の理由30代未経験で派遣社員を始めた私が【派遣をオススメする13の理由】

大事なことは、派遣社員のメリットを知り、うまく時間を有効活用して視野を広げ、将来を見据えて、これから自分の能力を高めていくことです。

会社から言われたことを、長時間に渡り無償で同じ作業をやり続けないといけない正社員では、時間の確保はなかなかできません。それに対して、派遣社員だと、事業会社との間に派遣会社が入っているため、無償労働せずにすみ、時間を有効的に使えます。この貴重な時間を有効に確保できるどうかで、あなたの将来が決まってくるんです。

もちろん、世間体が気になり、朝から晩まで、仕事ざんまいで過ごしたいのなら、正社員の選択肢も大事ですよ。でも、人間には体力の限界があります。あなただって、40代・50代になって、多少なりとも年齢の変化を感じませんか?(笑)

これから先は、限界を想定した上で、個々人の幸せを考えることが大切だと私は思います。

人生100年時代といわれる中で、心身を壊してしまえば、逆にそれを取り戻すための代償が高くつきかねませんからね。

お金や世間体だけに囚われるのではなく、今という貴重な時間や将来の健康を大事にしようとすれば、派遣社員は将来のリスクを回避するための良き選択肢と言えます。

40代では【派遣社員がお勧め】のまとめ

40代50代では【派遣社員がお勧め】のまとめ

40代で派遣社員として働く人が増えれば、結果として、パワハラ上司やブラック会社は、少なくなっていくはずです。

理由は、派遣会社(派遣元)と事業会社(派遣先)とでは、雇用主が違うからからです。もし、事業会社(派遣先)の担当者からパワハラを受けたら、派遣会社を通じて、クレームを言えばよく、それでもなお、パワハラがなくならないなら、契約期間終了を持って辞めれば、事業主との関係は終わります。

この点は、正社員とは大きく異なるところです。

正社員と派遣社員、転職ではどっち?正社員と派遣社員、転職するならどっち?【実体験】から熱く語ります

派遣社員は、事業会社に献身的に尽くしても、何の見返りもありませんからね。努力しても意味がないとわかってくれば、ブラック会社をなくす流れはさらに強まるはずでしょう。

もちろん、契約が終了すれば、派遣の仕事はなくなりますが、大手の派遣会社であれば、能力ある派遣社員であれば、大抵の場合、すぐに仕事を紹介してくれます。なので、過度に不安になる必要はありません。

また、派遣社員の数もこれからますます増えていくと考えられます。なので、その点でも派遣の仕事がなくなる心配はないと思われます。

ぜひ、40代で正社員転職が難しいと感じたのなら、正社員にこだわらずに、派遣社員の仕事を通じて、将来への備えを実現してもらえればと思います。

正社員で経験できる仕事の数以上に、派遣社員として仕事の数を多くこなせれば、その多くの経験は、きっと将来への自信となるはずですから。

未来の不安を少なくしてくれる自信を培うには未経験の仕事への挑戦です。

まずは、いろんな派遣会社への登録からですね。

参考までに私がおすすめの派遣サイトを3つあげておきます。

最初はリクナビ派遣のサイトです。

【リクナビ派遣】スキルをつける、スキルを磨く、派遣なら両方できる!

探してみると、意外にも未経験の仕事に挑戦できることも多く、幅広い能力を培うことができますよ。私もリクナビ派遣のおかげで、未経験の仕事に就くことができました。

また同じような派遣サイトでは、はたらこねっともいろんな仕事が探せていいですよ。

はたらこねっと

それから、リクルートスタッフィングも求人案件数も豊富で、条件を選んで就業することができますね。

リクルートスタッフィング

リクルートの派遣会社【リクルートスタッフィング】

派遣をするなら、リクルートは、一番最初に押さえておきたい派遣会社ですね。私が30代後半のとき、一番最初に登録した派遣会社です。

ぜひあなたが今感じている不安を、派遣社員として働くことで解消してもらえればと思います。

あなたの未来の仕事が楽しくなりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です