正社員が派遣社員・契約社員に言ってはいけない【6つのNGワード】

派遣社員・契約社員に言ってはいけない

こんにちは。元・派遣社員のてつです。

皆さんは、日頃働く中で、職場の人間から、ものすごーくムカツクようなこと、言われたことありませんか?

一度くらいは絶対ありますよね? 私は何度もありますよ!

正社員だった当時は、正直、毎日ありました。

そんな正社員が嫌だったからこそ、あえて派遣社員や契約社員になったのに、なぜか派遣社員や契約社員になってからもムカツクこと、結構言われましたね。

もちろん、派遣社員の頃は、雇用主が違ったので、派遣先の正社員があからさまに言ってくることは少なかったです。ただ、それでも言う人は、関係なく言ってきました(笑)

そんな正社員からムカツクことを言われるたびに、

「派遣社員って、派遣先とは別会社なのに、何でここまで言われなくちゃいけないんだろう?」

って、よく思っていました。

契約社員の時だって、正社員の給料とぜんぜん違うのに、正社員並みのレベルを求めて、罵詈雑言を浴びせるんですからね。

そんなムカつくことばかり言ってるので、すぐ派遣社員や契約社員は辞めちゃうんですよ。

今回、私が派遣社員・契約社員だった当時を振り返り、退職を決意させた正社員の言葉を6つピックアップし、記事としてまとめました。

あなたが、派遣・契約社員を指示する正社員ならば、業務を遂行させるための参考記事として、活用していただければ幸いです。もし、あなたが派遣社員や契約社員ならば、他の職場に移る際の参考として、みてもらえれば嬉しいです(笑)

言ってはいけない【6つのNGワード】

【6つのNGワード】

「熱意が足りないんじゃないの?」

これを言われた時は、「はぁ?」って思いましたね。

自宅に戻って、真っ先に契約書を読み返しました。熱意って、契約書のどこに書いてあるの?って。

あと、これに近い言葉では、

「頑張ってるのはわかるよ。だけどさー、あともうちょっとだけ頑張ってくれない?」

ていうのも、よく言われました。

正直、こんなこと言われたら、逆に頑張れませんよね。熱意や頑張りって、人それぞれだと私は思うんです。

曖昧な定義である「熱意や頑張り」を、言っている人のレベルにまで上げなくちゃいけないのって、呆れ以外の何物でもありません。

少なくとも、私は、派遣社員や契約社員だったとき、就業時間後に家に帰ってからも、きちんと業務の復習などをしていましたよ。

「これ以上、どこまで頑張ればいいのさー」って、逆にやる気がなくなりましたよ。

派遣社員や契約社員は、どんなに頑張っても、期間が終われば、仕事は終わりです。そして、頑張ったとしても、派遣社員は、賞与が出ることはありません。期限がある仕事に、フルMAXで仕事に臨めって!労働力の搾取以外の何物でもないですよ

熱意や頑張りを求めるのなら、派遣会社の営業担当者に、派遣社員や契約社員の給与をもっとあげるように言って欲しいくらいです。何なら、頑張れる正社員の数を増やせよ!って話です。

派遣社員や契約社員は、低賃金で会社の収益に貢献しているわけですから、熱意や頑張りまで要求しないで欲しいですね。

もちろん、仕事ができる正社員はこんなこと言いませんよ。やる気にさせるのが上手ですから。

できない正社員ほど、「熱意や頑張り」を要求するんです。

はっきり言って、正社員から「熱意や頑張り」を要求されたら、とっとと派遣社員や契約社員は別の仕事を探した方がいいです。熱意や頑張りが要求されない仕事、たくさんありますからね。

「正社員になりたくないの?」

契約社員だった頃、現場の責任者が言った言葉です。先ほどの「熱意が足りないじゃないの?」に続いて出てきた言葉ですね。

入社時や契約更新時の面談でも、「正社員登用」の話なんて、一切出てこなかったのにも関わらず、

「今のまま、熱意が足りないと、正社員にはなれないよ!」

と言ってきたんです。

正直、私は「ファ?」って感じでしたよ(笑)

そもそも正社員になりたいなんて、私は一度も言ったことなんてなかったんですよ。

それが、いつの間にか、私が正社員になりたがっているという決めつけに、ビックリ!

派遣社員や契約社員をやっている人の中には、あえて有期雇用という契約形態を好んで働いている人も多くいます。

その現実を知らない一部の正社員が、「非正規雇用で働いている人は、正社員になりたがっている!」という思い込みには、呆れるばかりです。

人によっては、正社員には絶対なりたくないという人もいます。勝手な思い込みが、人の気分を害すこともありますので、正社員の方は、安易な発言には注意してもらいたいですね。

「仕事って自ら進んでやるものじゃないの?」

年次が長い正社員によく言われましたね。

先ほどの「熱意が足りないんじゃないの?」の言葉にも通じるものがありますが、精神論が大好きな正社員に多かった言葉です。

派遣・契約社員の仕事って、基本的に派遣先や契約先の正社員の指示を受けてから、進めることが多いです。

これは、仕事のやり方や進め方は、会社ごとによって異なるからです。

この指示を受けて動くスタンス、別に、派遣・契約社員が、受動的な体質だからではありません。派遣・契約社員の人たちは、いろいろな会社を経たことで、新しい会社のやり方や進め方に合わせないといけないのを体感的にわかっているからです。

個別のやり方や進め方に従わないと、業務に支障が出ることを知っているのです。

ところが、年次が長い一部の正社員は、この「会社ごとにやり方が違うという現実」を理解していません。

  • 「言われてから動くのって、遅いのでは?」
  • 「あなたは新卒じゃないんだからね!」

一つの会社しか知らない人にとっては、その会社のやり方や進め方がすべてです。

しかし、いろんな会社を経てきた人間からすれば、所詮は、数多ある方法の一つです。

先ほども言いましたが、基本、派遣・契約社員は契約によって業務内容が決まっています。契約内容に基づき動くのが原則ですので、派遣先や契約先の正社員が指示を出すのが本来のあり方です。

さらには、派遣・契約社員は非正規雇用です。能動的な行動を求めるのであれば、給料が高い正社員を雇えばいいだけのことです。

コスト削減のために、派遣・契約社員を使っているのに、正社員並みの積極性を求めるのは、全くもってナンセンスですね。

「指示してないこと、勝手にやらないで!」

「仕事って自ら進んでやるものじゃないの?」を真に受けて、仕事を進めると、逆に言われてしまう言葉です。

「自ら仕事を進めろ!」と言われたからこっちは進めたのに、自らどんどん仕事を進めた結果、「勝手にやるな!」って、言うんですからね。

ホント矛盾だらけです(笑)

先ほども伝えましたが、派遣・契約社員の人たちは、いろいろな会社を経て、会社ごとに、いろんなやり方や進め方が存在することを知っています。だからこそ、正社員から指示を受けて、動くことが基本であることを理解しています。

個別のやり方や進め方に従わないと、業務に支障が出ることをわかっているんです。だからこそ、正社員からの指示を受けてから動こうとするのです。

ところが、自ら進んでやれと言ったから進めたのに、勝手にどんどん進めていったら、かえって怒ってしまうのって、一体、何なんでしょうか?(笑)

派遣社員の中には、多くの会社を経た上で効率的なやり方も知っていることもあります。

そういう中で、逆に、派遣・契約社員が、会社の非効率的な古いやり方に従わざるを得ない苦しみが発生していることも、理解して欲しいくらいです。

「勝手にやらないで!」というくらいなら、マニュアルくらい、事前に作っておけよって話です。

「前にも同じことやったよね?」

契約社員として入社してまもない頃、会社の正社員から、よく言われました。

お金をもらっている都合上、言われたことができていないのは、確かに問題があるようにも思えます。

ただですね、一度言われただけで、仕事が覚えられるレベルって、かなり能力の高い人間だと、私は思うんですよね。

自分でこんなこと言うのもどうかと思うのですが・・・

ハイレベルの人って、そもそも、派遣・契約社員を率先して普通はやりませんよ!

しかも、派遣・契約社員の給料って、少なくとも正社員に比べれば、低いんですから。

給料が低く、いつでもクビにできる非正規雇用の派遣・契約社員に、一度言えば覚えられる能力を期待するって、幾ら何でも、ちょっとムシが良すぎませんかね?(笑)

一度やったことをパーフェクトに覚えられる能力を求めるなら、20代前半の若い正社員を雇えばいいのでは?って話です。

20代前半の若い優秀な正社員を雇いたくても、そんな優秀な人からは見向きもされず、人がこない現状があるわけです。そんな魅力のない会社に、派遣社員や契約社員に高い能力を求めるって、全くもって、都合のいい話です。

私もいろんな職場を経験しましたが、一度に覚えられる人って、滅多に見かけませんでした。業務のボリュームが多ければ、なおさらです。

そもそも「前にも同じことやったよね?」と言っている正社員本人が、一度で覚えられたかどうかも怪しいくらいですからね(笑)

やる気をなくすだけの言葉を言うことなんて、誰でもできます。

こんなやる気をなくす言葉を言われたら、派遣社員や契約社員は、即座に別の職場を探した方がいいですね。

「見ればできることでしょ? 何でできないの?」

「前にも同じことやったよね?」と同じく、契約社員だった頃によく言われました。

先ほども言いましたが、見て真似てすぐにできる能力の持ち主なら、普通、派遣・契約社員なんてやりませんよ。

派遣・契約社員に高い能力を過度に期待しないで欲しいですね。

レベルが高い仕事を期待される分、仕事で疲れるのなら、別の派遣の仕事の方が、マシですよ。給料そんなに変わりませんから。

派遣社員や契約社員は、正社員並みの責任がないことがメリットなわけですから。

派遣社員おすすめ13の理由30代未経験で派遣社員を始めた私が【派遣をオススメする13の理由】

もちろん、収入が高くなるのなら、必死こいて頑張りますよ! でも、一般的な派遣社員と給料が変わらないレベルなのに、負担が増える契約社員って、全然魅力ありません。

「見ればできるでしょ?」なんて言葉、世間一般の派遣・契約社員のレベルをわかった上で言ってもらいたいです。

そもそも「何でできないの?」と言ってることも、裏を返せば、教え方がよくないと言っているようなものです。

教え方が良ければ、仕事が楽しくなり、覚えることにも抵抗がなくなるはずですから。

教え方がよくない人の元で、仕事をしても、時間がもったいないだけです。

派遣・契約社員は仕事の選択肢がいっぱいあるので、こんなこと言われたら、さっさと別の仕事に変えた方がいいですね。

言ってはいけない【NGワード】のまとめ

言ってはいけない【NGワード】のまとめ

上記の6つの言葉を聞くたび、正社員ならともかく、雇用主が違う派遣社員や低賃金の契約社員に、何でここまでいうのかなーって、いつも思っていました。

どうせなら、気持ちよく働かせた方が、人の入れ替えを最小限でき、結果的には、会社のメリットになると私は思うのですが、不思議にも、それがわかっていない正社員の人は多いです(笑)

率直に言って、派遣社員の場合、嫌な職場だと思ったら、迷わず移っちゃった方が、メリット高いです。正社員とは違い、同じような業務なら、他にもたくさんありますので。

耐える必要があんまりないんですよね、派遣社員や契約社員って。

その点を、本記事をご覧になった正社員の方は理解してもらえればと思います。

なお、派遣社員や契約社員の方で、本記事を見た人は、耐える必要がないとわかってもらえたはずですので、とっとと別の職場に移った方が、精神衛生上いいですよ。

一つの派遣会社しか登録していなと、選択肢が限られ、我慢しないダメ!と思いがちですが、複数の派遣会社に登録すれば、その我慢が無駄だったことに気づくはずです。

ぜひ、複数の派遣会社に登録していなければ、この機会に登録すると良いですよ。

早く行動して、あなたの限りある時間を大切にしてくださいね。