派遣社員の付き合いの飲み会は必要?【結論:完全に不要】

派遣社員の付き合いの飲み会は必要?

  • 派遣社員だけど、飲み会って行った方がいいの?
  • 派遣先から送迎会、誘われたけど、どうしよう?

こんな悩み、あなたは持っていませんか?

結論から言いますと、派遣社員の付き合いの飲み会は完全に不要です。これは私の実体験から言えることです。

実は、派遣を始めてまもない頃、私もこんな悩みを持ち、悩んでいたことがあります。

当時、飲み会に参加しなければ、契約が打ち切られたり、仕事に影響が出てくるのでなないかと思い、飲み会に参加していたんです。

しかし、飲み会に参加しても、何にもならないとわかってからは、派遣社員として働く間は、絶対参加しないと決意しました。

その決意後、なんども飲み会に誘われて、断ってきましたが、派遣の仕事上では、特段、困ることは発生しませんでした。

派遣社員の付き合いの飲み会で悩むあなたに、派遣社員の付き合いの飲み会はいらないとする理由を、実体験を通じてまとめました。あなたの大切な派遣生活の参考になれば幸いです。

飲み会が完全に不要な理由

飲み会が完全に不要な理由

飲み会が完全に不要な理由

端的に言います。飲み会が完全に不要なのは、派遣社員にとって、飲み会に参加しても成長ができず、メリットがないからです。

正社員と異なり、派遣社員は、有期雇用で契約期間が定められています。派遣社員は、仕事が終わった後、勉強なり副業なり、次のステップを考えていかなくてはならないのです。

派遣は、本来、次の仕事にありつくための努力を、就業時間外にしなくてはなりません。もし契約終了後に仕事がない状況になれば、すべて自己責任なのです。

この点は、無期雇用の正社員と異なります。

正社員はお酒を飲み、無意味な時間を過ごしても、会社が潰れない限り、仕事を失うことはありません。愚痴を言って、気持ちよく発散しても、次の日、仕事が出迎えてくれるんです。

でも派遣社員はその保証がありません。

派遣社員は、正社員と同じ生活・同じ習慣をしているヒマなんてないのです。だから、派遣社員は飲み会に参加する必要はありません。

どちらかと言えば、飲み会なんて参加するべきではないとすら、私は思いますね。

楽しい飲み会ならOK?

もちろん、自分が楽しめる飲み会であれば、OKだと思います。

有意義な時間の使い方ができる職業こそが派遣社員なのですからね。楽しい時間を過ごせて、それが次の仕事やモチベーションにつながるのであれば、飲み会に参加してもいいと思います。

ただ、私は自分の実体験からいうと、会社の飲み会で楽しかった経験って、ありませんでした(笑)

あなたもそんな風に感じませんか?

だいたい会社の飲み会って、上司や先輩の言っていることを黙って聞くだけです。

無礼講と言いつつも、こっちの本音なんか、絶対言えやしませんよ。無礼講と言われて、本音を言ったら、次の日から、上司や先輩の態度がガラッと変わりますからね。お酒の席とは言え、上司や先輩って、きちんと覚えているんですよ。

そんな心の底から話せない飲み会って、面白くもなく、つまらないです。もちろん、上司や先輩にとってみれば、好きなことが言えるので、すごーく楽しい飲み会かもしれませんが(笑)

これは、派遣の同僚と飲む場合も同じです。

仕事で嫌なことがあっても、基本的には、お酒を飲んですべて忘れるだけです。ただそれだけです。

ダラダラと無意味な時間を過ごす余裕は、派遣社員にはないのです!

だから、派遣社員の飲み会は完全に不要です。

飲み会を断るべき具体的な理由

飲み会の誘いを断るべき具体的な理由

飲み会を断るべきなのは、派遣先の誘いであっても、派遣の先輩・後輩の誘いであっても同じです。

なお、誘いを断るべき具体的な理由は次の通りです。

  • 飲み会に行かなくても仕事に支障がない
  • 仕事上の義務ではなく、お金がもらえない
  • 参加すると時間・お金・エネルギーを失う

それぞれ、簡単に説明します。

飲み会に行かなくても仕事に支障がない

派遣の場合、飲み会に参加しなくても仕事にまったく支障がありません。

それは、派遣の業務内容が契約で決まっているからです。

飲み会に参加しないと付き合いが悪いと見なすのは、感情論に過ぎません。そもそも派遣先と派遣元では雇用関係が違うのですから、支障がなく、気にする必要すらありません。

これが正社員の立場なら、会社のコミュニティに馴染んだり、会社の文化に慣れ親しんだりする必要があり、仕事の割当や出世などに影響がでてきす。正社員は、個々人の能力よりも、先輩や上司に気に入られるかで、出世や人事評価が決まることが多いからです。

皆さんも、会社内の派閥抗争とか聞きますよね? 正社員は、社内で生き残るために、情報交換が大事になり、飲み会が重要になることも多いです。だから、正社員にとって、飲み会は重要なのです。

しかし、派遣社員は、飲み会でいい人間関係ができたとしても、仕事内容に影響しません。

そもそも、派遣社員って、いくら高評価を得ていたとしても、契約が終わってしまえば、それまでですからね。

仕事上の義務ではなく、お金はもらえない

繰り返しになりますが、派遣の仕事は業務内容が契約で決まっています。通常の派遣契約では、飲み会の参加を義務とする条項はないはずです。

契約に基づき、指示を受けて動くのが派遣の仕事なのに、契約にないことに基づき動かされるのは、明らかにおかしいです。

仮に、飲み会が契約に準ずるものでも、参加したとしても業務時間外の手当がつくことは、ありません。

お金がもらえない仕事に参加するのは、タダ働きに他なりません。タダ働きって、自分の労働価値を低く毀損している行為です。

つまり、労働価値を高めるどころか、低くなり、お金にならないのなら、飲み会なんて参加しない方がいいです。

時間・お金・エネルギーを失う

飲み会への参加は、大抵、時間・お金・エネルギーを使います。

飲み会に参加すると、拘束され、時間を失います。もし飲み会に参加しなければ、映画を見たり、本を読んだり、気の合う友人と楽しく過ごせたはずのなのに、それらの時間を確実に失います。

失うのは、時間だけでなく、お金もです。通常、飲み会に参加したら、数千円かかります。

一方、ネットで映画を見れば、一回あたり数千円かかることなんてありません。勉強の本代にしても、数千円かけて勉強すれば、次の仕事につながります。気の合う友人と、宅飲みすれば、一人数千円なんてかかりません。

派遣社員にとって、数千円って大きくですよね。でも、まだ時間とお金だけならいい方ですよ。

最悪なのは、エネルギーが奪われることです。

なぜ、仕事が終わった後まで、気を使わないといけないのか?

派遣社員のメリットは、人間関係に煩わされずに済むことなんですからね。

派遣社員おすすめ13の理由30代未経験で派遣社員を始めた私が【派遣をオススメする13の理由】

歓迎会にしろ、送迎会にしろ、つまらない飲み会って、疲れた上に、生産性がありません。楽しい飲み会ならともかく、苦しんで参加したとしても、派遣なんて契約が終わってしまえば、それまでなんですから。

つらい時間を過ごした上で、僅かながらの給料で、飲み会費用を割り勘で支払うなんて、時間・お金・エネルギーがすごくもったいないです。

【実体験】二度と参加しないと決めた飲み会

【実体験】二度と参加しないと決めた飲み会

飲み会に参加して後悔して決意

私が派遣社員になり始めてから、2社目の派遣先でのことです。

半年間のプロジェクトが始まるため、「一丸となって、決起大会をするぞっ!」ということで、派遣先から飲み会に誘われたんです。

当時の私は、派遣社員の位置付けがよくわからなかったため、正社員と同じ感じで参加した方がいいのかと迷い、参加を決めました。

しかし、飲み会に参加後、心の底から後悔しました。

飲み会に7〜8人参加したのですが、派遣社員で参加したのは、私を含めてわずか2人。あとはみんな派遣先の正社員。参加者と話そうにも、みんな知らない人ばかりです。盛り上がる話なんてできませんでしたよ。

一方で、正社員は、会社内の内輪ネタで盛り上がっていますが、私には、なんのことやらわかりませんでした。もう一人の派遣社員も、話についていけず、ずっと黙りっぱなしです。

正社員の会話にうなづいて、笑顔を振りまいていましたが、内心では、「早く家に帰りたいー」という気持ち一心でしたね。

2時間の飲み会が、3〜4時間にも感じられた時間。

そんな飲み会も、終わってみれば、参加費は何と割り勘の3,000円ご飯なんてチョロチョロっと出ただけで、お腹いっぱいになりませんでした。

楽しくも面白くない会話で、過ごした時間はまさに苦痛! お金を支払っても、お腹いっぱいにならず、ホント最悪の飲み会でした。

これ以後、派遣社員として過ごす間は、飲み会には絶対参加しない!と決意しました。

断り続けても大丈夫?

飲み会に絶対に参加しないと決めた後、別の職場に派遣として移りました。その職場では、幸運にも、派遣先の正社員との飲み会はなく、心地よい関係が築けました。

しかし一方で、派遣社員の先輩が退職するたび、定期的な送迎会(飲み会)があったのです。派遣契約が3年上限だったので、数ヶ月おきくらいに、毎回、送迎会が開かれていました。

当然、飲み会幹事の先輩からは、半ば強制のような感じで

「てつさんも、送迎会(飲み会)に参加しますよね?」

と言われました。

だが、私は、断りましたよ。だって、派遣の嫌いな先輩との飲み会なんて、苦痛以外の何ものでもないですから。

そんな感じで、毎回、私は送別会を断っていたので、派遣社員のみんなから、ネチネチと言われ続けました。

  • 「少しくらい先輩の気持ち考えたほうがいいんじゃない?」
  • 「色々教わった割には、感謝の気持ちはないのですか?」
  • 「参加しないなんて、ヒドすぎないですか?」
  • 「今回は絶対出た方がいいですよ!」
  • 「今回くらいだけでも出たらどうですか?」

10人以上の先輩が退職するたびに、送別会(飲み会)が開かれていましたが、結局、私は一度も参加することはありませんでした。ちなみに職場にいた派遣社員で、一度も送迎会に出なかったのは私だけでしたね(笑)

もちろん、退職していく先輩方には、きちんとお礼を述べ、餞別のお菓子も渡したりはしましたよ。

しかし、お別れの気持ちを伝えるのは、それで十分でした。きちんと気持ちを伝えたら、先輩方は喜んでくれましたから。

はっきり言って、送別会(飲み会)に誘われても、退職する先輩と楽しく過ごせる実感が湧きませんでした。

だって、どうせ送迎会(飲み会)に参加しても、退職する先輩と話をする時間なんて、5〜10分のごくわずかですからね。

退職する先輩と話す以外の時間は、他の先輩や同僚の愚痴や不満を、私がウンウンとひたすら笑顔でうなづき過ごなきゃいけないだけなんですから

これって、私にとっては苦痛以外の何ものでもないです。結局、飲み会をずっと断り続けていましたけど、仕事に影響が出てくることはありませんでしたね。

誘いを断ると雰囲気が悪くなる?

これだけ断り続けると、雰囲気が悪くなりそうと思われそうですが、意外にもそんなことはなかったです。

もちろん、断ったときには、睨みつけられましたよ。

ただ、それだけです。一応、「鬼!」「悪魔!」と言われる覚悟もしていたんですが、残念ながら、そこまでは言われることはありませんでした。

誘いを断って一時的に雰囲気が悪くなっても、勤務時間中は暇じゃない限り、嫌な雰囲気が続くことはなかったです。勤務終了後にいたっては、飲み会の誘いを断ったことなんて、派遣のみんなは覚えていませんでしたね。

しかも、毎回、私が断り続けていると、

「飲み会に誘っても、絶対コイツはこない!」

と逆に思ってもらえるようになります。これは好都合でしたね。

断り続けたことで、知らぬ間に、派遣仲間同士、定期的な飲み会があったようですが、私は全然気にしないタイプなので、それはそれでよかったです。

結局、誘いを断わり続けても、職場の雰囲気が悪くなるなど、まったくありませんでした。

派遣の仕事は、会社内の人事などの情報に左右されないため、飲み会は、全く意味がないことが実感できましたよ。

飲み会に行った方がいいと思う人

飲み会に行った方がいいと思う人

私の考えでは、飲み会は完全に不要です。ただ、以下のような人は飲み会に行ってもいいじゃないかと思っています。

  • 断ることで派遣契約が切れることが怖い
  • 飲み会が楽しい人
  • お酒を飲んでストレス発散したい人

飲み会に参加することで、人間関係を繋げておきたいというのなら、参加した方がいいと思いますね。

飲みニケーションを重視する会社であれば、飲み会に参加することで、意欲を見たり、協調性を判断する部署もあるかと思います。意欲があり、協調性があると判断されたら、正社員の道もありますから。

いちるの望みをかけて、契約を繋ぎたく、正社員になりたいのであれば、飲み会の参加もありだと思います。

ただ、飲み会に参加することで、仕事に繋がることは、実体験からいって、少ないと思います。少人数の職場ならいざ知らず、大企業の職場なら、コスト削減のために派遣を雇っているわけですからね。

あと、楽しくお酒を飲んで、お酒でストレス発散したいのは、逆に参加すべきだと思います。お酒が好きで楽しめるなら、好きにすればいいと思います。

ただ、飲み会に参加したくない人までに飲み会に強制するのは、価値観の押し付けですので、飲み会が好きな人は、それを忘れて欲しくないと思いますね。

いずれにせよ、派遣の仕事が好きで、いろんな職場で、能力を高めたい人であれば、個別の楽しい飲み会でも、コスパが悪いので、やっぱり飲み会は不要です。

派遣社員の付き合いの飲み会は不要のまとめ

派遣社員の付き合いの飲み会は不要のまとめ

「飲み会に行かないの? 付き合い、悪いよね・・・」

と言われることが怖くて、泣く泣く参加している人もいると思います。でも、はっきり言って、そんなに深く気にする必要はありませんよ。何度も言われ続けていると、気にしなくなりますよ、私のように!(笑)

お酒を飲まないと深くなれない関係なんて、結局、その程度の関係なのですから。

補足までに、私の経験から言うと、長く付き合える人は、お酒がなくても楽しい時間が過ごせる人です。お酒なんてその程度です。

それから、ある派遣先で、次の仕事が紹介されたことがありましたが、結局、飲み会に参加しなくても、仕事は紹介されましたよ。

そんなわけで、飲み会への参加に深く悩む必要はないと断言できますよ。

逆に、私の身の回りでは、飲み会で人間関係を作ろうとする人を見かけてきましたが、往往にして、うまく築けていない人が多かったですね。

本当に深い付き合いは、お酒を飲まなくても、人間関係を築けるんですよ。次の仕事につながる関係だって、真面目に仕事に取り組むことで築かれます。

そのことを、ぜひ私の実体験を通じてわかって欲しいと思います。

もし飲み会に誘われて、迷っているのなら、本記事をなんども読み、自信を持ち、誘いを断ってください!

(でも、誘いを断り、あなたの仕事がもしなくなっても、それはカンベンしてね!)