派遣社員の将来に不安を感じている時点で思考停止しているよね

派遣社員の将来に不安を感じている

こんにちは。40代・ジョブホッパー のてつです。

あなたは派遣社員をしながら、こんな漠然とした不安な気持ちを感じていませんか?

  • 派遣社員の仕事って、いつまで続けられるのかな?
  • 派遣社員って契約だから、この先切られるかもしれない。
  • 派遣だと、この先いつ仕事がなくなるかわからない。

派遣社員やアルバイトを含め、20回以上の転職をしてきた私からすれば、こうした悩みって、無意味に感じます。はっきり言うと、不安を感じたまま漠然と過ごしたってしょうがないと思っています。

あなたが感じる不安はもっともですよ。でも、こうした不安って、別に派遣社員に限ることじゃないんですよ。

ちまたの中小企業経営者なんて、1年先の未来が見えないことってザラです。中小企業の多くは赤字経営ですし、資金繰りに必死ですからね。

また、最近カッコ良く言われる「フリーランス」だって、個人事業主です。一部の人を除けば、みんな売上減少の恐怖に四苦八苦しながら生きているんですから。

非正規雇用の代表例である派遣社員だけが、不安定ではないんですよ。雇用面に限っていえば、派遣社員の方が、中小企業経営者や個人事業主より、ずっと安定していますよ。

それじゃあ、こうした不安な気持ちを解消するには、どうすればいいかというと、結局は自分なりに考えて実際に行動してみるしかないのです。

自分で考えた末に行動をとれば、正社員の雇用よりも安定した戦略を取ることだってできるんですからね。

漠然と不安を感じて過ごすだけなら、何も変わらず、あなたはどんどん取り残されていくだけですよ。

私が30代後半で派遣社員を始めてから、派遣社員にはきちんとした未来があることを記事としてまとめました。

派遣社員の将来に不安を感じるあなたにお役に立てれば幸いです。

派遣社員の将来は本当に悲観的なのか?

派遣社員の将来は本当に悲観的なのか?

ことごとく裏切られた派遣社員のイメージ

私が派遣社員を始める前に、派遣社員に持っていたイメージって、世間で言われるような「不安定な仕事」の印象が強かったです。

正直、20代〜30代前半の女性が正社員の事務を補助するようなイメージを持っていましたね。派遣の仕事って、ごく一部の女性だけの仕事だと思っていたんですよ。

こんなイメージを十数年にわたってずっと持ち続けていたので、私が30代後半で初めて派遣会社に登録した時、「男だから、派遣社員で就業することは難しいよな・・・」と応募しても半ば諦めモードでした。

ところが、その予想に反し、すぐに派遣の仕事が決まりました。そして、その初めての派遣から早5年以上、派遣の仕事を続けていました。

30代後半で派遣社員を始めた当初、40代ではきっと派遣なんて続けられないだろうと思っていたのですが、実際は全くそんなことはなく、40代になっても派遣社員を続けられました。

そして、40代になった後、さすがにこれ以上の年齢では、派遣社員で続けていくのは難しいだろうなーって思いつつ、次の道を模索していたら、職場に50代の派遣社員が数人、入社してきたんです。

毎回、派遣社員に年齢的な終わりがあるイメージを持ち、賞味期限切れの不安を感じ過ごしてきたんですが、その都度、いい意味でことごとく裏切られてきましたよ。

今や派遣社員なくして仕事は成り立たない

かつての私を含めて、なぜ多くの人が派遣の仕事に不安定さを感じるのかといえば、派遣社員のイメージをごく一部の職種に捉えているからだと思っています。

私は、これまで派遣の職場をいくつか経てわかったのは、派遣の仕事って、よくイメージを持たれる「書類整理とかファイリングとか電話応対などの仕事」に限られないんですよね。

派遣の仕事って、オフィスワーク・事務系の他にも、いろんな業種で多岐にわたるんです。

例えば・・・

  • 営業・販売・サービス
  • クリエイティブ(WEB、編集、DTPなど)
  • IT・エンジニア(SE、プログラマ、ネットワークエンジニアなど)
  • 医療・介護・福祉・教育(医療事務・病院受付など)
  • .etc

どの業界・企業も今やコスト削減に必死で、派遣社員なくしては成り立ちません。

派遣社員がいなくなるということは、その業界自体が消滅するといっても過言ではありません。

あなたは、あと数十年で上記の職種が消滅するって心の底から思えますか?

派遣社員の将来への不安に答えてみる

派遣社員の将来への不安に答えてみる

 

ネット上には派遣社員の将来に対する不安を煽っているネガティブな情報が、結構多く見られます。

私からすれば「それが何か?」って感じなんですがね・・・。

以下、ネット上で見られた、派遣社員の将来に対する不安です。

派遣社員だと実務経験が積めないから不安?

派遣先(事業主)が派遣社員に求めているのは、基本的に実務経験者です。実務経験者を求めているのに、仕事をすると実務経験が積めなくなるというのは、おかしな話です。

派遣社員がいないと業務が回らない現場は多いです。それなのに、派遣の仕事が実務経験にならないのならば、派遣社員の仕事は業務じゃないといっているのと同じです。

それに「派遣社員だと実務経験が積めない」って、派遣を差別した言葉じゃないでしょうか?

責任の大小は、正社員と比較するとありますが、あくまで大小の問題であり、実務経験とは異なります。

少なくとも大手派遣会社では、派遣社員が派遣として働いた実績があれば、実務経験としてカウントしますので、全く問題はありません。

私も実際、派遣社員の経験を評価してもらい、別の派遣会社で就業していますので、派遣社員だから実務経験にならないということは全くないです。

派遣社員だとスキルが身につかない不安?

単純な軽作業や事務作業でも、一定期間働けば、何かしら経験として得るものはあります。そうして仕事で身につけた経験を、スキルと言わず何というのでしょうか?

求められるスキルって、企業や時代によっても変わってきます。派遣社員だからスキルがつかないことはありません。

もし派遣社員として求められるスキルがなければ、スキル習得に励めばよいだけのことです。もし、就業している会社でスキルが身につかなければ、スキルが身につけられる環境に身をおけばいいのです。

そもそも派遣社員だとスキルが身につかないのなら、正社員だったら必ずスキルが身につくのか?という話になってきます。

正社員の方がスキルが身につくとしたら、以下のようなことが言えますよ。

  • TOEICの高スコアをハイスキルとして捉えるなら、グローバル企業の正社員はみんな、英語が話せて、TOEICのスコアが高い。
  • コミュニケーション能力を求めるスキルとして捉えるなら、正社員はみんなコミュニケーション能力が高く、会社内の雰囲気はいい。

はたして、現実はどうでしょうか?

英語が話せない正社員、コミュニケーション能力がない正社員って、たくさんいませんか? TOEICなんかは、逆に派遣社員のほうがスキルを意識しているので、スコアが高いことが多いです。

また、私がかつて勤めていた職場では、コミュニケーション能力が欠如しているパワハラ正社員、たくさんいましたよ。

派遣社員だからスキルが身につかないというのは幻想です。

正社員と比べ収入が少ない不安

正社員と比べて収入が少ないのは、当然です。派遣社員の方が収入が多ければ、みんな正社員を辞めたほうが、給料良くなりますから(笑)

派遣社員の収入が少ないのは、間に派遣会社が入っているからこそ、収入が少なくなるわけです。

この、間に派遣会社が入っているところが大事なポイントなのです

派遣会社が派遣先との間に入ってくれているおかげで、過酷な労働を虐げられずにすむんですからね。

正社員の収入は確かにいいのかもしれません。でも、企業によっては、正社員に給料に見合うだけの労働量を求めてきます。仕事が終わらなければ、サービス残業・休日出勤するのは当たり前です。

その結果、時給換算してみたら、派遣社員と時給が変わらないことだって、よくあるんです。

これに対して、派遣社員の場合、残業や休日出勤したら、きちんと労働時間に見合うだけの給料が支払われます。こうなると、派遣社員は収入が少ないとは必ずしも言えません。

収入差が気になるのなら、収入を上げるための方策を取ればいいだけなのです。今時であれば、ITエンジニア派遣の方が正社員よりも給料が多いこと多いですからね。プログラミングを勉強して収入をあげるのも、一つの手です。

「契約更新」という呪縛が不安?

派遣社員の契約期間は3ヶ月が多いですので、毎回、契約更新にビビる人も多いのではないでしょうか?

私も派遣社員を始めた頃、更新されずに契約が切られてしまうんじゃないかと恐れていた時期がありました。

でも、その不安、派遣社員の仕事をしていくうちになくなりました。

こんなこと言うのもアレなんですが、私は正社員の方がよっぽど在籍期間って短かったです。数日間と1週間とか1年とか(笑)

逆に、派遣先企業が大企業だと安定しているので、「派遣社員の方が安定しているなー」とわかったんです。

そもそも契約更新があったほうが、「変なことをしたら契約が切られる!」と言う危機感を持って仕事に臨めます。正社員の人なんか危機感ゼロの人も多いですからね。

危機感ゼロだと、能力向上に努めず、能力的にマイナスに作用することだってあります。

過去に実際にいた職場では、堕落した正社員と頑張っている派遣社員を比較して、「派遣社員の方が正社員より、よっぽど頑張っているよ」と褒めてもらったこともあります。

派遣の契約は必ず終わりがありますが、真面目に仕事をしていれば、無下に契約を切ってくることは、まずないです。また、契約が3ヶ月で終了しても、会社都合で退職すれば、雇用保険も受給され、次の仕事先を見つけるだけの時間も十分あります。

だから、そんなに不安になる必要はないです。

大型連休があると収入が減る不安?

これは確かに派遣社員のデメリットですね。

正社員や契約社員の場合、月給制なので連休があっても減ることはありません。

ただ、このデメリットって、年間のスケジュールから休日日数が予測できますので、それに合わせて対処ができます。収入が減ってしまうなら、スキルアップをして時給を高くしたり、もしくは時給が高い別の仕事を選べば良いのです。

私も連休で収入が減ったしまった時には、確かに派遣社員のデメリットを感じました。ただその後、土日を含むシフト勤務に入ったおかげでこのデメリットを解消することができました。

結局、収入を減らさないようにするには、結局時給を上げたり、別の仕事を選び、できる仕事の幅を増やしスキルアップを狙ったり、生活収支を見直したりすればいいわけです。

きちんと考えて対処すれば、生活水準をそんなに変えることなく不安になる必要はありません。

「正社員になれば不安は解決」という幻想

「正社員になれば不安は解決」という幻想

それでも不安が拭えない?

前記のようにこんだけ述べても、派遣社員の将来に不安が拭えない人ってやっぱりいます。

結果的に、正社員じゃないとダメです!っていう人。

えっ、そんなに正社員がいいですか?(笑)

私からすれば、正社員というレールに合わせて人生を選んでいる時点で、楽しみを半分捨てて、何も考えず生きているんじゃないかと思いますよ。

通常、大企業などでは、キャリア形成を経営陣や人事部が握っています。

自分の人生が自分で決められないのって、面白くない人生じゃないですか? 他人の意思決定にすべて委ねていること自体に、不安を感じないのか?と逆に私は思いますけどね。

これだけ変化が激しい世の中に、臨機応変に対応できるには、派遣社員の方がいいに決まってます。派遣の方が、能力を企業の需要に合わせられるので、生き残れる確率は高いと思います。

企業が異動で決めたキャリアがもし今後、転職の際に見合わなければ、その会社にしがみつくしかないんです。

パワハラやセクハラがあっても耐え抜かないといけないんですよ。正社員で働き続けること自体、決して甘くないんですからね。

しかも、正社員だからといって、終身の雇用を約束されるわけではありません。正社員だから定年まで働けるというのも幻想です。正社員もリストラ、不本意な異動で自ら退職する場合だってあるのです。

最近では、トヨタ自動車の豊田社長はこんなこと言っていましたよ。

日本自動車工業会・豊田章男会長:
「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」

その一方で、こんなことも言っていました。

中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」

この言葉を受け止めれば、派遣社員の活用が肯定的に捉えられそうですよね?

派遣社員の人が陥りがちなのが「正社員になったらすべての不安が解決する」という全くもって都合のいい錯覚です。

優秀な派遣社員ほど正社員にこだわりがない

昔、英語を全く使わない仕事だったにも関わらず、派遣の職場に、TOEIC900点以上の英語ペラペラな若い女性が何人かいました。

私は、その彼女たちの能力があまりにもったいないと感じたので、

「英語がせっかく話せるんだったら、英語を使う仕事の方が能力も活かせるし、若ければ正社員としてのハクもつくし、収入もいいと思うよ。」

って話したことがあったんです。

そしたら、その彼女たちに、

「正社員とか全然興味ないですし、別に英語を使う仕事とかにもこだわりはありませんから。」

と即答されてしまいました。

能力がある人は、派遣社員という雇用形態なんかに不安を感じず、自分のやりたいことや素直な気持ちを優先して、仕事をしているんだなあーとその時思いましたね。

自分の中にブレない軸があると、それに基づいてきちんと考えて結論が出せ、行動が起こせるだと痛感しました。

派遣のいろんな職場を経てわかったこと

派遣のいろんな職場を経てわかったこと

前にも述べたように、英語ペラペラな優秀な人でも派遣社員として働いている人はたくさんいます。

また、40歳を過ぎても、50歳を過ぎても派遣社員の仕事を続けている人って結構います。

その人たちを見てわかったことは、そういう人は、派遣社員として生きていくために、自分なりに考えた末に行動しているということです。

ただ毎日やり過ごすのでなく、自分が過去これまでキャリアを明確にし、これからやり続けたいこと・やってみたいこと・大切にしたいこと・自分に足りないことをはっきりとさせて、仕事をしてるんです。

優秀な人は、きちんとしたビジョンをもち、行動を起こしているから、結果も出るわけですね。

例えば、ヘルプデスクの仕事なんて、いくつになっても仕事があります。大変な仕事なうえ、年齢に関係なくできる仕事ですからね。

人があまりやりたがらない仕事を生業とすれば、競合がいないから仕事が絶えないと考えられれば、仕事がなくなる不安はありません。

その一方で・・・

漠然と不安を抱えたまま思考が停止して、何もしないと、流れてくる仕事をこなしている単純作業とそんなに変わりありません。

その上、自分ができる仕事にこだわり、やってもみない仕事をできないと決めつけ、いろんな挑戦しないから、自分のキャリアが変わらないんですよ。

だから、自分の中に基準となる軸が作れず、ブレやすいので、将来に不安を感じるんです。先行きに対して不安を覚えるのは、ある意味、当然かと思いますね。

不安の解消にはできる仕事の幅を増やす

不安の解消にはできる仕事を増やす

派遣を続けながら仕事のリスクヘッジ

結局、優秀な人のようにTOEICでハイスコアを取り自信をつけたり、また、不人気の職種を難なくこなせたりできれば、不安は限りなくなくせるのです。

ただ、これらの対処は、人によって向き不向きがあります。

英語が好きでない人が無理に勉強しようとしても、英語の能力って思うように上がりませんし、また、電話オペレーターのように、不人気の職種に嫌々取り組んでもつらいだけですので恐らく長続きしません。

とするならば、残された方法はただ一つ、自分ができそうな仕事をちょっとずつ増やしていくしか方法はありません。

自分がやったことのない未経験の仕事に挑戦してみるんです。

自分ができる仕事の範囲を少しずつ増やしていければ、仮にこれまでの仕事が少なくなり、就業が難しくなったとしても、別の仕事に切り替えて、仕事が続けられます。

要は仕事のリスクヘッジですね。

新しい仕事に挑戦するときのポイントは、抵抗が少ない、興味がもてそうな仕事に挑んでみることです。せっかく仕事につけるのであれば、多少なりとも長く続けられるほうが、後々、有利になりますから。

また、派遣社員ならではのメリットを最大限活かすんです。派遣社員の場合、正社員と比べると未経験の仕事に取り組みやすいですから。すでに派遣会社に登録して就業している人は、そこで探してみるのが手っ取り早いです。一つだけじゃダメですよ。

未経験におすすめの派遣会社

一応、私がおすすめの派遣会社もあげておきます。いずれも未経験の仕事に挑戦しやすい派遣会社です。

リクルートスタッフィング

誰でも知っているリクルートグループです。高い知名度が違いますね。必ず登録しておきたい派遣会社ですね。担当者に当たり外れが少ない良いところです。

未経験OKや紹介予定派遣の求人も多いです。全国各地に拠点があります。福利厚生を望む方なら、リクルートグループで安心ですね。

リクルートスタッフィング

リクルートの派遣会社【リクルートスタッフィング】

おすすめの派遣サイト

リクナビ派遣とはたらこねっとの派遣サイトもおすすめです。いずれも未経験の私が登録をして就業に至ったサイトです。

新しい業界にチャレンジでき、スキルと自信をくれるキッカケをつくってくれたサイトです。

【リクナビ派遣】スキルをつける、スキルを磨く、派遣なら両方できる!

派遣サイトなら「はたらこねっと」

IT派遣会社も経験次第ではおすすめ

そのほか、Microsoft Officeが一通りできるのであれば、ヘルプデスクなどもできますね。私の元同僚に、ヘルプデスク経験者がいましたが、次の派遣の職場を見つけるのに、全く不安はなさそうでした。ヘルプデスクはいつも募集していますから(笑)

対応満足度が高い!パーソルテクノロジースタッフの派遣

ちなみに、パーソルテクノロジースタッフは、私が初めて登録した派遣会社で、スキルも習得でき、不安をなくすことができた会社です。おすすめですよ。

派遣社員の将来に不安を感じているのまとめ

派遣社員の将来に不安を感じているのまとめ

将来の不安なんて、みんな感じているんです。大事なことは、その不安を打破しようとする行動力です。

何だかんだ言って、やはり思考停止のまま、何もしないことと、不安が続く原因になるんです。それが一番のリスクなんですね。

派遣社員は、正社員に比べると使える時間が多いです。そのメリットを生かし、次のステップを考えていけばいいのです。

ぜひ、いろんな仕事に挑戦して、楽しみながら派遣社員の身体的・精神的な自由を利用し、不安を解消してください。