次の仕事決まってないけど会社辞めるのって?【大丈夫!何とかなる】

次の仕事が決まってないけど会社を辞めても何とかなるよ

こんにちは。40代・ジョブホッパーのてつです。

  • 仕事が激務だから逃げ出したい!
  • 人間関係がつらすぎてうつになった・・
  • 上司や先輩とのうまくいかない・・・
そんなつらさに耐えきれないと、つい勢いで会社を辞めてしまいますよね?

私も会社を辞めるときって、次の仕事が決まっていなくて辞めていることが多いです。毎回そんな感じで辞めるので、

てつ

転職先を決めた後で辞めれば良かったかな・・

なんて思ったこと、しょっちゅうです(笑)

そして、会社に辞めると告げた後、周りの同僚からも、

会社の同僚

次の会社決めてから辞めた方がいいよ。

とか言われたことも、昔からよくありました。

でも、なんだかんだ、同僚の意見を聞かずに、毎回、次の転職先を決めないで辞めてしまっています。いつも勢いで「辞める!」って言っちゃていますからね。

そして、辞めた後しばらく経ってから、給料が振り込まれない状況になると・・・

てつ

ああ、次の転職先見つけてから辞めた方が良かったかもな・・・

と毎度不安に陥るんですよね(笑)

派遣社員やアルバイトを含めて20回以上転職をしてるのに、いつも懲りずに勢いで辞めてしまう自分がほんと恥ずかしいですよ!

本サイトに来られたあなたもすでに仕事を辞めてしまった後じゃないでしょうか? いや、もしくは次の転職先を決めないで辞めようとしてるんじゃないでしょうか?

そんなあなたに、勢いでいつも次の転職先を決めずに辞めてきた私の実体験から、不安を和らげる対処法をお伝えします。

転職活動にぜひ役立ててください。

次の転職先決まっていないけど大丈夫?

次の転職先決まっていないけど大丈夫?

意外になんとかなりますよ

結論からいうと、次の転職先が見つかっていなくてもなんとかなりますよ。

あなたが20代や30代前半であれば、なおのこと。

私が20代の頃って就職氷河期であり、30代前半の頃ってリーマン・ショック後の不況期でした。いずれも景気が悪化し、転職市場って冷え切っていた時期です。転職ってかなり大変と言われていましたね。

ただ、そんな時期ですら、私は次の会社を決めずに転職活動をし、1ヶ月〜2ヶ月後には転職できていましたよ。

それに引き換え、現在の求人市況って、人手不足が半端ないです。転職活動にはもってこいの状況です! 20代や30代前半で転職先が見つからないということって、まずないんじゃないでしょうか?

今の20代や30代前半の人を、私はすごく羨ましく思っています。もし私がやり直せるのなら、ぜひとも、そのあたりからやり直してみたいですね(笑)

それから、もしあなたが30代後半・40代・50代であっても、やっぱりそんなに心配する必要はないかと思いますよ。

ネット上で検索してみると、

30代後半は勢いで辞めないほうがいいよ!

っていう情報、見かけませんか? ハッキリ言って、そういう情報って、現在の求人状況を全然わかっていませんので、全然無視してもらって大丈夫です!

そもそもの話なんですが、すでにあなたが会社を辞めた後なら、もう手遅れだよ!って話ですからね(笑)

このご時世、特別なスキルなどなくても、きちんと探せば、仕事先ってあるんです。

20代や30代前半の人と同じ理由なんですが、昨今の人手不足ってものすごいです。企業が本来なら確保したい20代や30代前半の若年層を、人手不足であるがゆえに、多くの企業が確保できていないんです。

人材確保に四苦八苦している状況で、やむを得ず、30代後半や40代以降の人材まで広げていかないといけない状況なんですよ、今の時代って。

大手企業の求人やITなどで求められる特別なスキルを除けば、ニッチなところで求人を出している会社って結構あります。

私がここ最近の職場で感じたのは、確実に年齢層が上がっていることです。

てつ

マジですよ!だから安心して!

ちなみに、直近でいた私の職場なんか、男女の平均年齢が40代半ばですからね。20代の人なんていませんよ!ナッシング! だから、過度に不安になる必要はありません。

当然リスクはありますよ

勢いで辞めたら、お金のことを考えずに辞めちゃうわけですから、当然リスクはありますよ

でもそのリスクって、つらい前職での仕事を続けて心身を壊すリスクに比べたら全然小さいんじゃないでしょうか?

人生100年時代と言われている中で、仕事ができないくらいまでに心身が壊れることになってしまったら、今後働けなくなることによる損失って計り知れませんからね。

数十年間働けなくなったら、数十万円とかの損失レベルじゃなく、数億円のレベルですから。

あなたが勢いで辞めたのは確かに冷静さがかけるところがあったかもしれません。でも、心身が持たないとあなたの脳が直感的に判断したんですから、あなたの体って、至極正しい判断をしたんじゃないでしょうか? 心身への負荷を長期スパンで考えたら、ほんとリスクって小さいです。

それから、仕事しない期間にリスクを感じるかもしれませんが、このご時世なら求職活動をすれば、何かしらの反応って、普通にあるはずです。

反応がまったくないというのならば、それは求職活動の方向性がちょっとずれているんだと思いますね。冷静に分析判断できる転職エージェントサービスを使えば、求職活動の方向性を正してくれます。プロがあなたの適正に見合う職種を提案してくれるはずですよ。

DODA

その上で転職エージェントサービスを使っても良い求人が見つからないのなら、また別の方法を取ればいいだけのことです。

その方法は、あとで後ほど説明しますね。

求職期間って長引かない?

次の転職先は失敗したくないから、慎重に選びたいと思って、求職活動が長引いている人もいますよね?

選ばなかったら仕事はあるけど、慎重に選ぶがゆえに求職期間が長引いてしまうケースです。

私も昔、同じようなケースがありました。30代前半の時期に、前職が天職だったので、次の転職先もその仕事じゃないダメと思い、求職活動をしてたんです。結局、希望を優先していたら、天職の仕事に巡り会うためになんと6ヶ月間の時間がかかってしまいました・・・。

いうまでもなく、この求職活動が長引くのって、自己責任以外のなにものでもないです。

それじゃあ、この難点を避けるためにはどうしたらいいかと言うと、求職期間が長引かないようにするためには、あらかじめ希望職種の範囲を広くしておけばいいんです。

そして、もしどうしても希望する職種じゃないとダメというなら、失業保険の受給期間を考えて、期間を区切って、求職活動すればいいのです。自己都合なら3ヶ月間の待機、会社都合なら1週間の待機という目処を立てていけば、希望に沿った転職活動ができますよね?

ちなみにですが、私の経験からすると、次の転職先は「自分の希望する職種じゃないと」というのは、思い込みに過ぎないと振り返って実感しています。現在、私はその天職に就いていませんが、今は、その仕事じゃないとダメという思い、まったくありませんから!

月日が経てば、自分の考えって大きく変わります。興味のない仕事でも新しい職場に移り、人間関係が良ければ、仕事が楽しくなることってよくありますので、あまり希望職種にとらわれすぎない方がいいですよ!

その上で、どうしても希望していた仕事に未練があるなら、一旦は希望しない仕事に就き、その後、仕事をしながら再び転職活動をすればいいわけです。もちろん転職回数は増えちゃいますけどね・・・。

ただ希望する仕事なら、それはそれで、きちんとした転職理由になりますので、増える転職回数を気にする必要はないかと思いますよ。

転職で成功転職回数多いと不利?あなたの転職を成功に導く方法を授けます

税金や保険の不安はどうしたら?

税金や保険など、会社が今まで払ってくれていたけど、自分でどうやって払ったらいいの?って不安があるかと思います。

この不安解消は簡単です。市役所や区役所に行けば、職員の方がきちん教えてくれますので、大丈夫です。もちろん支払いは、きちんとしなくちゃいけませんけどね(笑)

あと、雇用保険も忘れずに手続きを忘れないようにしてくださいね。求職期間を3ヶ月のつもりにしていたが、長引いてしまうこともよくあります。

離職票をもらったあの時すぐに手続きしておけば良かった・・・と後悔しないためにも申請だけはしておいた方がいいです。私も雇用保険もらわなくても次が決まるだろうと、高をくくっていたことが一度ありましたが、後々ものすごーく後悔したことがあります。

雇用保険の受給は、原則として離職した日の翌日から1年間ですので、もらえるならようなら、もらった方がいいです。手続きはハローワークに行って、職員の方に確認すれば教えてくれますから大丈夫です。

次の仕事を早く見つけるためには?

結論からいえば、これまで経験・実績のある職種で探せば、求職期間は短くて済むはずです。

求人企業にとっては、人が足りていない状況を一刻でも早く解消したいので、実務経験者を採用したがるわけです。未経験者を採用するとなれば、一から教えなくてはいけませんので、無駄なコストが発生します。

したがって、経験した職種だと、企業のニーズに合わせられるので、いち早く仕事を見つけられます。

私も不動産営業をしていたとき、正社員の仕事では、同じ不動産営業だと比較的すぐ見つかりました。大手転職サイトのリクナビネクストなどで探した時には、同業種の仕事はすぐに見つかりましたよ。

そのほか、転職エージェントサービスを利用する方法もあります。私も使ったことがありますが、転職エージェントサービスを利用すれば、転職エージェントがあなたに見合う求人やあなたが知らない求人をピックアップしてくれます。

転職エージェントって、大手転職サイトに載っていない求人もいっぱいあるんです。

DODA

企業が要望していること、履歴書や職務経歴書のチェック、面接での受け応えなど、一人ではなかなかしづらい部分を客観的かつ冷静にチェックしてくれます。転職のプロが採用確率を高めるアドバイスをしてくれるんです。効率の良い転職活動ができれば、いち早く次の仕事に就くことができますよ。

希望職種を広げても見つからないときは?

希望職種を広げ、また職種を限定していなくても、年齢的に難しい時があります。特に正社員の仕事を探すとなれば、多くの企業が長期キャリア形成の一環で、相対的に若年層を求めることが多いです。

そうなると、年齢がネックとなることもしばしあり、求職期間が長引いてしまうことも多いです。

私が経験してきた不動産業界も、離職率が高くブラック企業が多い業界ではあるものの、やっぱり年齢が40歳までという求人が多いです。

ハイクラスの管理職やプログラミングなどのIT分野を除いた40代だと、転職エージェントの手に負えなくなる人も出てきます。そうなると、すんなりと仕事に就くのは難しそうですね。

私もこの困難な局面に苦しめられました。

しかも当時は、不動産営業とは違う職種を希望していたので、転職活動はかなりの困難を極めましたね。

この困難の末に打開のために行き着いた仕事先は何だったかというと、なんと派遣社員の仕事でした。

フリーランスを辞めて、一時的なつもりで派遣社員になったのですが、結局5年以上派遣の仕事をすることになってしまいました。

なぜそんなに派遣社員の仕事を続けたかといえば、派遣社員の仕事が居心地がよく、美味しかったからです。はっきり言って、休日出勤も多く、残業代がつかない不動産営業の給料と比較しても、派遣社員の給料って、そんな遜色はなかったですから。

40歳派遣社員の給料明細と年収40歳派遣社員の給料明細と年収をあなたにこっそり公開しちゃうぞ!

世間一般のイメージは派遣の仕事って、クビが切られやすく、非正規で安定していないという印象があります。

確かにそれは事実なのですが、実はやってみるとそれほどまでにクビが切られやすいということはありませんでした。私の職歴からすれば、逆に正社員の在職期間のほうが短かったくらいですからね。正社員よりも派遣社員の方が安定していたことに気づいたんです!(笑)

派遣社員おすすめ13の理由30代未経験で派遣社員を始めた私が【派遣をオススメする13の理由】

もしあなたが正社員を希望して、求職期間が長引くと判断したのならば、資金つなぎのために、一度は派遣の仕事をしてみるのもおすすめです。

派遣の仕事をしてみて、自分には合わないと判断したら、正社員の仕事を探せば良いのですから。

会社の中には、真面目に取り組む派遣社員に正社員登用の話を持ちかける企業もあるんです。そうなれば、わざわざ正社員のための転職活動をしなくてすみます。

また、派遣社員になったからといって、正社員に戻れないかというと、そんなこともありません。私の身の回りで、40代で派遣社員から正社員になった人も多くいますからね。

その上で、もし派遣社員の仕事が気に入ったのなら、派遣社員の仕事を続けていけば良いわけです。

私が登録している派遣会社

とりあえず、私が登録している、おすすめ派遣会社を紹介しておきますので、参考にしてくださいね。

担当の当たり外れがありますので、複数登録をおすすめします。

テンプスタッフ

業界最大手の派遣会社です。全国に拠点があり、登録者数はナンバーワン。求人数も多いです。

テンプスタッフ

営業担当者の対応も柔軟なのが特徴です。女性に優しいので、女性が働きやすいので派遣会社です。離職率も低いようで、派遣社員へのフォローなど、 きめ細かい対応をしてくれますよ。

リクルートスタッフィング

リクルートグループという高い知名度が特長です。大企業とのパイプが違いますね。王道の派遣会社です。担当者に当たり外れが少ないのいいところだと私は思います。

リクルートスタッフィング

リクルートの派遣会社【リクルートスタッフィング】

リクルートというと、ノリがいい感じがしますが、実際のコーディネーターは落ち着いた感じで、リクルートぽい感じはしませんでしたよ。

未経験OKや紹介予定派遣の求人も多く、全国各地に拠点があります。福利厚生を望む人なら、リクルートグループなので安心ですね。

セントメディア

派遣会社の中では比較的幅広く求人を紹介してもらえます。求人の紹介スピードも早いです。登録後すぐに連絡がきます。早く働き始めたい方におすすめできますね。

未経験OK×大手、上場企業のお仕事紹介ならセントメディア

他の派遣会社は、スキルや経験によって登録できないこともありますが、幅広い仕事があるため、未経験であっても、派遣先企業に打診をしてくれるのも特長です。

おすすめの派遣サイト

おすすめの派遣サイトはリクナビ派遣とはたらこねっとです。

リクナビ派遣は大手企業の案件も多いです。未経験の仕事に挑戦して、幅広い能力を培うことができます。もちろん、派遣を希望する40代の人にもおすすめです。

【リクナビ派遣】スキルをつける、スキルを磨く、派遣なら両方できる!

はたらこねっとはリクナビ派遣と重ならないような派遣の求人がありますので、こちらも登録しておくと、安心ですね。

はたらこねっと

いずれも私が登録して就業に至ったものなので、おすすめです。

会社を辞めても何とかなる【まとめ】

会社を辞めても何とかなるのまとめ

仕事を辞めるのって、みんな勢いで辞めてる人が多いです。なんとかなるだろうって感じで。だいたいみんなそうです。

未来を全て予測することなんてできませんから、ある程度の勢いは大切なんです。

未来は絶対予想できない。結局は勢いなんですよ。会社から抜け出すためにはジャンプする勢いは必要なんですね。

だから、次の仕事が決まってなくても、気にせず仕事を探せばいいです。

正社員も派遣も、いろいろな可能性を視野にぜひ転職活動をしてくださいね。

なんとかなりますって!